三菱ケミカルホールディングス 小林喜光社長

三菱ケミカルホールディングスは14日、都内のホテルで事業説明会を開催し、真っ先に東日本大震災の影響と復旧状況についての説明を行った。それによると、グループ全体で16社、26事業所が被害を受けた。

「とりわけ石油コンビナートの中枢である三菱化学の鹿島事業所の被害が大きかった。工場はそれほどでもなかったが、排水ポンプや配管がやられ、その修復が大変だった」と小林喜光社長は被害状況の写真を見せながら説明した。

ただ、サプライチェーンについては、それほど迷惑をかけなかったとのこと。07年12月に同事業所で火災が発生し、その経験が今回生かされた。「 あのとき、取引先にどのような影響があるのか調べておいたので、同業他社からの応援を含めて早く手を打つことができた」(同)という。その結果、他の部材メーカーのように大きな問題は起こらなかった。

被害を受けたエチレンプラントについては、第2エチレンが5月20日に操業再開。第1エチレンも6月末から動き始める。「7月以降になれば、正常なオペレーションに復帰する」(同)。また、当初7月に予定していた第2エチレンの定期修理を9月に延期することができたこともサプライチェーンの安定化につながった。

金額的なダメージはある。前期に特別損失で225億円を計上、今期も100億円を見込む。営業利益段階では300億円の影響を予想しているが、小林社長は「いま精査しているところだが、40〜50億円減って、250億円ぐらいで済みそうだ」と話した。

三菱ケミカルホールディングス 三菱ケミカルホールディングス