メルセデスベンツが開発中とされる新型スポーツは、ポルシェ911をライバルに10万ユーロ程度からの価格となる模様。写真はSLS AMG

メルセデスベンツが現在開発中と噂のベイビー『SLS』こと、『SLC』(仮称)。同車に関して、興味深い情報がもたらされた。

これは9日、ドイツの自動車メディア、『AUTO Bild』が伝えたもの。同メディアによると、SLCには『SLS AMG』のガルウィングドアは採用されず、最大出力500psクラスのV8エンジンを搭載。ポルシェ『911』を最大のライバルに想定しているという。

また、エントリーグレードには、最大出力350psを引き出す3.5リットルV6ツインターボを用意。ドイツでのベース価格は、10万ユーロ(約1150万円)程度になるとのことだ。

2500万円クラスのSLS AMGに対して、価格帯が大きく下がるSLC。そのデビューは、2014年以降と見られている。

メルセデスベンツ SLS AMG 新型スポーツにはガルウィングドアは採用されないようだ 新型『SLC』(仮称)の内容をスクープしたドイツ『AUTO Bild』