トヨタEV充電器、G-ステーション・タイプA

トヨタ自動車は6月14日、IT事業会社のトヨタメディアサービスとともにEV(電気自動車)/PHV(プラグインハイブリッド車)向け充電スタンド『G-ステーション』を共同開発し、7月上旬から販売すると発表した。

G-ステーションは、EV/PHV向けの200V充電スタンドで、非接触型ICカードでの認証機能に加え、通信機能にも対応し、トヨタがマイクロソフトと共同で発表したグローバルクラウドプラットフォームを活用した「トヨタスマートセンター」に接続できる。

利用者は、充電完了の通知をメールで受け取ることができるほか、G-ステーションの位置や空き状況をスマートフォンや携帯電話を通じて確認できる。

充電ステーションの設置者は、利用者ごとの使用履歴の確認や、使用回数や時間に応じた課金、ポイント供与などのサービスを提供したり、ステーションの稼動状態を遠隔からモニターすることも可能。G-ステーションの位置情報に付帯して情報発信も可能。

また、トヨタのG-BOOK対応ナビやスマートフォン向けの情報サービスsmart G-BOOK では、付近のG-ステーションをナビ地図上に表示できる。目的地としてルート設定も可能。

トヨタスマートセンターを通じて、G-ステーションの位置情報や空き状況はオープンな情報としてデータを公開し、一般の地図情報サイトへの掲載や、市販ナビへの掲載も可能となる。

G-ステーションは国内主要EV/PHVの充電方式に対応しており、トヨタ車以外のEVについても利用できる。普及型のタイプAと高機能型のタイプBの2タイプを販売する。タイプAは本体価格が28万円(税別)で、インターネットに接続できる充電スタンドとしては業界最廉価となる。

トヨタメディアサービスは今後、全国のトヨタ販売店に対しG-ステーションを販売するほか、順次、ショッピングモールやファミリーレストランなどの集客施設向けに販売していく計画で、2012年末までに約3000台の販売を見込んでいる。

G-ステーションは6月15日から17日にかけて東京ビッグサイトで開催される「スマートグリッド展2011」のトヨタブースに展示する。

トヨタEV充電器、G-ステーション・タイプB トヨタスマートセンターとWindows Azureの連携模式パネル 2010年10月に行われたトヨタスマートセンター 発表会見 2010年10月に行われたトヨタスマートセンター 発表会見 トヨタ・プリウスPHV