矢野特殊自動車は14日、車載セミトレーラの車軸に不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

対象となるのは、2003年10月1日〜2008年6月3日に製作された152台。

車軸伸縮用シリンダ取付ボスの溶接が不適切なため、強度が不足し、溶接部に亀裂が生じ、車軸が折損するおそれがある。

全車両、ボス溶接部を切除し、溶接強度を増すための加工を行い、再溶接する。

不具合発生件数は1件で、市場からの情報で発見した。事故は起きていない。