Jシリーズ IPM(TYPE-A)

三菱電機は、電気自動車やハイブリッド車のモーターを駆動させる自動車用パワー半導体モジュール「Jシリーズ IPM」4種と、発売中の「Jシリーズ T-PM」を大容量化した2種のテストサンプル出荷を6月21日から開始する。

IPMとT-PMは、自動車用途に対応した品質と信頼性を確保。モジュールの素材から部品、生産履歴に至るまでトレーサビリティー管理を実施しているほか、環境負荷物質を規制する欧州ELV指令に適合したパッケージとした。

IPMでは駆動・保護回路に加え、外部との絶縁設計を容易にするフォトカプラ、アナログ温度出力機能、振動にも強いコネクタ端子、アナログ電圧出力機能を内蔵。また、T-PMは最大定格300A/1200Vと600A/600Vと、従来製品と比べて2倍の定格容量にしインバーターの小型化に貢献する。

IPMのTYPE-Aが定格30kW程度、IPMのTYPE-BとT-PMが55kW程度のモーターに適応可能。サンプル価格はIPMが13万〜16万5000円、T-PMが3万円。

Jシリーズ T-PM Jシリーズ IPM(TYPE-B)