スバル・レガシィ

富士重工業は6月14日、スバル『レガシィ』を一部改良して発売した。走行性能や「アイサイト」の性能向上とともに追加モデルや特別仕様車を設定、シリーズ全体の商品力向上を図った。

主な改良内容は、全車、リヤラテラルリンクのアウト側へピロボールブッシュを採用するとともに、フロントスタビライザー取り付けブッシュの硬度変更などで、直進安定性、操縦安定性、乗り心地の向上を図った。ビルシュタイン製ダンパー装着車では、フロント&リヤダンパーの減衰力特性の最適化を実施した。

アイサイトは、ステレオカメラの認識性能を向上や、VDCユニットの改良、制御ソフトの熟成でプリクラッシュブレーキ、全車速追従機能付クルーズコントロールとも、より自然で滑らかに作動するようにしたほか、アイサイト搭載車にサンルーフとの組み合わせを設定した。

そのほか、サイドターンランプの点滅が室内側から確認できる新デザインの「ターンインジケーター」付きドアミラー、ボディカラーに新色「アイスシルバー・メタリック」を設定、インテリアでは新デザインのインテリアパネルなどを採用した。

また、ラインアップ拡大として、ツーリングワゴン/B4の特別仕様車「2.5i」、「2.5GT」の「アイサイト・スポーツ・セレクション」をベースに、「Sパッケージ」(18インチタイヤ&ビルシュタイン製ダンパー)を組み合わせたグレードを設定した。

価格は220万5000〜372万7500円

スバル・レガシィ スバル・レガシィ スバル・レガシィ スバル・レガシィ スバル・レガシィ スバル・レガシィ スバル・レガシィ スバル・レガシィ スバル・レガシィ スバル・レガシィ スバル・レガシィ スバル・レガシィ スバル・レガシィ