イメージ

9日午前0時35分ごろ、埼玉県坂戸市内の市道で、路上に倒れていた31歳の男性が進行してきたタクシーにはねられる事故が起きた。男性は収容先の病院で死亡。警察はタクシーを運転していた川島町内に在住する64歳の男を現行犯逮捕している。

埼玉県警・西入間署によると、現場は坂戸市伊豆の山町付近で片側1車線の直線区間。31歳の男性は何らかの原因で路上に倒れこんでいたが、これに気づくことなく進行してきたタクシーにはねられたものとみられる。

男性は近くの病院へ収容されたが、頭部強打などが原因でまもなく死亡。タクシーは営業中だったが、事故当時に乗り合わせていた客にケガはなかった。警察はタクシーを運転していた64歳の男を自動車運転過失傷害の現行犯で逮捕。男性死亡後は容疑を同致死に切り替え、調べを進めている。

事故直前、対向車の運転者が路上へ倒れている男性を目撃していたが、警察への通報前に事故が起きた。調べに対して男は「倒れている男性には気がつかなかった」などと供述しているようだ。