10日、全米50州での受注を開始したボルト

GMのレンジエクステンダー(航続距離延長)EV、シボレー『ボルト』。同車の販売エリアが、全米に拡大された。

これは、GMが10日に発表したもの。2010年末、ボルトは米国市場へ投入されたが、当初は販売エリアがカリフォルニア、ワシントン、ニューヨークなど、一部の州に限られていた。その後、GMは順次、ボルトの取り扱い地域を広げてきたが、今回、発売から半年を経て、全米50州での受注開始に漕ぎ着けた。

GMはこれと同時に、ボルトの価格の引き下げを実施。ベース価格は従来を1000ドル(約8万円)下回る3万9995ドル(約320万円)とした。米国政府による最大7500ドル(約60万円)のタックスクレジットを適用すれば、実質ベース価格は3万2495ドル(約260万円)まで下がる。

GMのボルトのマーケティング責任者、クリスティ・ランディ氏は、「年内には、全米50州の全ての顧客にボルトの納車が可能になる。これにより、価格引き下げも実現した」とコメントしている。

10日、全米50州での受注を開始したボルト 10日、全米50州での受注を開始したボルト