トヨタ紡織は6月10日、夏季の電力消費のピーク抑制に向けて7〜9月の間、休日を木・金曜日にシフトすると発表した。

日本自動車工業会、日本自動車部品工業会が夏季の電力需給ギャップ対策に積極的に協力するため、国内の全事業所・全工場で7月1日〜9月30日の休日を土曜日・日曜日から木曜日・金曜日へ変更することを決定した。同社は、主要納入先であるトヨタ自動車が休日のシフトを決定したのを受けて、木・金曜日に休日を変更する。

また、夏季休暇は8月11〜19日の9連休として、電力消費量の低減に協力する。