トヨタ自動車の2012年3月期の単独決算の業績見通しによると、営業損益が4000億円の赤字となる見通しを発表した。

前年同期は4809億円の赤字だったため、赤字幅は改善するものの、単独での営業赤字は3期連続となる見通し。

売上高は前年同期とほぼ横ばいの8兆2000億円を見込む。単独決算の国内生産台数は前年同期比1%増の303万台となる見通し。海外生産台数は同同0.5%増の436万台となる見込み。

また、国内小売台数は同7.8%減の130万台、輸出台数は横ばいの170万台を見込む。

経常損益は100億円の赤字となる見通し。前年同期は470億円の赤字だった。

最終利益は前年同期比70.8%増の900億円と増益になる見通し。