3月にセントラル自動車宮城工場を視察に訪れたトヨタの豊田章男社長

トヨタ自動車の小澤哲副社長は10日、今期(2012年3月期)の業績予想の発表会見で、東日本大震災によるトヨタ単体での世界生産の減産影響が45万台になるとの見通しを公表した。

当初の計画に対する減産は4〜6月期に集中し、規模は80万台に及ぶ。現時点では、下期以降の増産で35万台の挽回を図る計画としており、通期では差し引き45万台の影響となる。
小澤副社長は、この減産による連結業績での減益影響は3600億円規模になるとの見通しも示した。トヨタは前期決算で22万台の減産影響を受け、連結営業損益では1100億円の減益要因になった。

今期業績にも生産減が大きく影響するものの、トヨタは下期の増産をさらに上積みしながら、収益の改善につなげたい方針だ。

トヨタ堤工場資料画像 トヨタ堤工場資料画像