今年4月下旬、新潟県新潟市江南区内の農道を走行中のトラックが水田に転落し、荷台に乗車していた3人のうち1人が死亡、他の2人と運転同乗者の2人が重傷を負った事故について、新潟県警は17歳の少年を運転者と断定、6日までにこの少年を逮捕した。

新潟県警・江南署によると、問題の事故は2011年4月25日午後10時30分ごろ発生している。新潟市江南区小杉付近の農道を走行していたトラックが道路左側の路外に逸脱。約1m下の水田に転落した。

トラックは横転。事故当時は運転席に3人、荷台に3人が乗車していたが、このうち荷台に乗車していた15歳の男子高校生が窒息で死亡、運転席の同乗者を含めた4人が指の切断や骨折、打撲などの重軽傷を負っている。

警察では17歳の少年が家族所有のトラックを乗り回していたと判断。ケガの回復を待ち、6日に自動車運転過失致死傷や道路交通法違反(無免許運転)容疑で逮捕した。

調べに対して少年は無免許運転や荷台への乗車を認めているという。