東芝は、マレーシアの電力流通機器の製造・販売会社であるトップランクを買収したと発表した。

トップランクの株式の75%を取得し、社名を「東芝電力流通システムアジア」に変更した。今後、東南アジアで電力流通機器事業の拡大を図る。

トップランクは、マレーシアなどで電力・産業向けの中圧スイッチギア、真空遮断器を製造・販売してきた。また、電力系統向けの計算機システムや、送変電・配電機器供給を土木・据付工事まで一括して請負うプロジェクトの実績も持ち、配電システムから送変電システムまで電力流通機器事業を幅広く展開している。

東芝は買収したトップランクを中圧スイッチギア、真空遮断器のグローバル供給拠点とするとともに、東南アジアでの電力流通機器関連システムの中核拠点とする。

今後、新たな市場としての拡大が見込まれる太陽光発電事業、スマートグリッド事業などについても東芝電力流通システムアジアを通じて取り組みを強化する。