電子マネーEjacket 仮面ライダー新1号(C)石森プロ・東映

バンダイは、ビットワレットとの共同開発により電子マネー決済システムに反応して、光と音でアクションする電子マネーカード専用ケース「電子マネーEjaket仮面ライダー新1号」を7月23日から発売すると発表した。

電子マネーEjaket仮面ライダー新1号は「仮面ライダー」の変身ベルトをモチーフに、電子マネーカードをセットしたもの。Edyをはじめとする電子マネー決済システムにタッチすると、仮面ライダーの変身音とベルトの回転発光がLEDで再現する。

また、タッチを特定の回数くり返すと、劇中のバトルシーンを思い起こさせるスペシャルサウンドも発生する。

パンチ音やキック音、ショッカー戦闘員の「イー!」の音声などの組み合わせによる30パターン以上のスペシャル音を設定、決済システムへのタッチをくり返すことで、収録されている豊富なサウンドを探し当てる楽しさを味わうことができる。商品にはサウンドスイッチが付いており、サウンドはオフにすることもできる。

サウンドをオフにしても、ひとつ前に鳴った音を再生できる「リプレイボタン」付きで、人目が気になるシーンでは音を切り、あとで音源を聞き返すなど、シーンに応じた楽しみ方ができる。

主なターゲットは、30〜40代の男性で、主な販売ルートは、全国の玩具店、百貨店・量販店の玩具売り場、通販サイト。価格は2000円。

電子マネーEjacket 仮面ライダー新1号(C)石森プロ・東映