シャープ・エコハウスの実証実験…EVを蓄電池として活用

シャープは6月8日、家庭の電力負荷ゼロを目指す「節電を極める家『シャープ・エコハウス』」をグリーンフロント堺内に竣工した。エコハウスで、電力消費の最小化と住空間の快適性を両立させる技術の実証実験を6月から開始する。

エコハウスは、同社の最新の省エネ家電を導入するとともに、これらをHEMS(ホーム・エナジー・マネジメント・システム)でネットワーク化し、液晶テレビやタブレット端末で、各家電機器の電力消費などが確認、節電意識の向上を図るための「電力の見える化」が可能。また、LED照明による節電と、LED光の調光・調色を利用した快適性についても検証する。

また、太陽電池、蓄電池の電力と家電機器の消費電力量を、HEMSを使って最適に制御する技術を検証する。

このほか、将来に向けた取り組みとして太陽電池で発電したエネルギーを交流に変換せずに直流のまま家庭内で利用する直流給電やDC家電などの検証、インテリジェントパワーコンディショナと連携して電気自動車(EV)用バッテリーを家庭用の蓄電池として利用する試みの技術も導入する。

180V型相当の大型液晶ディスプレイを活用、環境時代に適した表示機器のあり方も検討し、新しい快適性を追求していく。