山梨県北杜市内における官民パートナーシップによる小水力発電導入事

丸紅は、子会社である三峰川電力が山梨県北杜市と共同で小水力発電所の建設に着手したと発表した。運転開始は2012年3月の予定。

小水力発電事業は、村山六ヶ村堰用水路(山梨県北杜市)の施設に3地点の小水力発電所を設置するもの。同一用水路施設に複数の発電所が設置されるのは、全国でも珍しい。複数地点を同時に開発することで、建設期間の短縮、工事費の削減、メンテナンスの効率化によるコストを削減しながら電力を確保、今後の小水力発電事業の新たなモデルケースとして展開する。

3地点から得られる年間発電量の合計は約4600MWhを見込んでおり、北杜市世帯の約6%、約1300戸の年間電力消費量に相当する。

東日本大震災と福島原子力発電所の事故後、電源の多様化や再生可能エネルギーへの関心が高まっており、大規模なダム建設を必要としない環境に優しい小水力発電も、自然豊かな日本風土の中で大きな可能性をもつ電源として注目されている。環境省では、1000kW以下の小水力発電の開発ポテンシャルを約2万地点、設備容量約540万kWを見込んでいる。

今回は、村山六ヶ村堰土地改良区の協力を得ながら、小水力発電事業の運営ノウハウを持つ三峰川電力が開発、運営することで事業採算性を確保し、北杜市は地域理解促進と事業の円滑な推進を全面的にサポートする。

丸紅は、官民が一体となった小水力発電事業を全国に先駆けて取り組み、今後、地域に根差した小水力発電の普及拡大を目指す。2020年までに国内30カ所程度の中・小水力発電所を開発する計画だ。