宮城県仙台市宮城野区港2丁目付近《撮影 石田真一》

帝国データバンクが発表した5月の全国企業倒産集計によると倒産件数は前年同月比9.7%増の964件となり、4か月ぶりに前年を上回った。

東日本大震災の影響で東北地方が同68.8%増の54件と急増した。業種では、消費自粛ムードの影響でホテル・旅館が20件、同85.7%増と急増した。

負債総額は同22.6%減の2356億6200万円で、2か月ぶりにマイナスとなるとともに、今年最も低いレベルとなった。負債100億円以上の大型倒産は不動産賃貸の太陽殖産1件のみで、大型倒産の沈静化傾向が続いたため。

倒産の業種別では、建設業、サービス業が大幅に増加する一方で、製造、小売、不動産の3業種は前年を下回った。前月比で見ると製造業など2業種はマイナスとなったものの、卸売業、運輸・通信業は大きく増加した。

主因別では「不況型倒産」の合計は813件となり、構成比は84.3%だった。前年同月と比べて1.0ポイント下回ったものの、24か月連続で80%台となっている。

負債額別に見ると、負債5000万円未満の倒産は473件、構成比は49.1%と約半数を占めた。

宮城県仙台市宮城野区港2丁目付近《撮影 石田真一》 宮城県仙台市宮城野区港3丁目 雷神埠頭付近《撮影 石田真一》 宮城県石巻市中浦1丁目付近《撮影者 石田真一》 宮城県塩竈市海岸通付近《撮影者 石田真一》 宮城県仙台市宮城野区港3丁目付近《撮影者 石田真一》