由良風力発電所

大阪ガスの子会社のガスアンドパワーと日本風力開発は、ガスアンドパワーが日本風力開発から、日本風力開発の子会社の由良風力開発を買収することで合意した。大阪ガスが6月7日、発表した。

ガスアンドパワーは、由良風力開発の発行済み株式全数を6月15日付で取得する。

大阪ガスグループでは「環境・非エネルギー事業」の拡大を経営計画に掲げている。この一環としてガスアンドパワーは、すでに高知県高岡郡津野町と和歌山県有田郡広川町で風力発電所を運営している。

日本風力開発は、国内の風力発電所、蓄電池併設型風力発電所の青森県六ヶ所村での開発に集中するため、資産の見直しを進める中で、由良風力開発の株式の譲渡先を模索してきた。

由良風力開発は、和歌山県日高郡由良町で2000kWを5基設置して発電容量合計1万kWの風力発電所を建設しており、今年9月の運転開始に向けて現在、試運転を行っている。由良風力発電所は、ガスアンドパワーが広川町に保有する発電所に隣接しており、両発電所で効率的な運営を展開していく方針だ。