ベンツ・パテント自動車(1886年)

メルセデス・ベンツ日本は、自動車誕生125年を記念するイベントの一環として「メルセデス・ベンツこども絵画コンクール」を開催すると発表した。

コンクールは「夢のクルマを描こう」をテーマに5〜15歳の子供に「大人になった時に乗りたいクルマ」をデザインしてもらうもの。自動車の未来を考えるきっかけとしてもらう。応募期間は8月1日〜8月31日。作品はA3サイズ。

コンクールのグランプリ受賞者には、メルセデス・ベンツ・アドバンスド・デザインセンター・ジャパン(DEC)のスタジオに招待され、デザイナーによって受賞作品の3Dモデルが製作される。

DEC責任者のホルガー・フッツェンラウブ氏は「プロのデザイナーとして、また未来のモビリティを創造する者として、若い世代が個人のモビリティに何を期待しているかということに大変関心があり、子供が描く自動車の未来像を知ることはとても興味深く、また刺激にもなる。夢見る自動車を近々見られることを楽しみにしています」と述べている。

同社は自動車誕生125周年の節目にイベントを通じて各世代のデザイナーとともに未来の自動車を考えていくとしている。

メルセデスベンツAクラスコンセプト(2011年) メルセデス・ベンツこども絵画コンクール