AVN-F01iとの接続を外すと自動的に位置情報の登録を促すメッセージが表示される。「はい」を選べば準備は終了

イクリプスが『AVN-F01i』用として無料提供している新アプリ「どこCAR」は、『iPhone』(iPhone3GS/4)にインストールしておくことで、広い駐車場の中でもマイカーを駐めた場所まで簡単に誘導してくれる。

このアプリは降車時に登録した場所をiPhoneにメモリーすることで、クルマに戻るときに地図あるいはカメラ表示によって駐車位置までの方角と距離をガイドするというもの。

使い方はとっても簡単だ。クルマから降りる時にiPhoneをケーブルから外すとアプリが自動起動し、表示されるメッセージに従って位置情報を登録。クルマに戻る時は再びアプリを起動させて「駐車位置に戻る」を選ぶ。これでカメラを通して映し出された実写映像か、マップ、さらには降車時に撮影した静止画を使って駐車位置まで誘導してくれるのだ。

誘導時に表示される矢印はかなり大きめで、クルマの位置も赤いアイコンでハッキリと見せる。駐車位置までの直線距離が表示されるほか、地図や実写映像、静止画にワンタッチで切り替えられ、その実用度は想像以上に高い。

なお、降車時の登録作業を含め、この機能そのものはiPhone単独でも利用でき、AVN-F01iとの接続は必ずしも必須ではない。アプリは無料でダウンロードできるので、iPhoneユーザーならぜひ使ってみることをオススメする。

クルマに戻る時は「どこCar」アプリを起動させて、「駐車位置に戻る」を選択 「カメラ映像」を選ぶと、iPhoneのカメラを通して映像が映し出され、その中にクルマの位置や方角を示す矢印が表示される 駐車位置へ戻る際は「地図」表示に切り替えることもできる