リーフ NISMO RCとドライバーの松田次生選手《撮影 中尾真二》

レーシング仕様のEVのデモ走行で、ドライバーを担当したNISMOチームの松田次生選手が、『リーフNISMO RC』のドライビングフィールについて語った。


----:ガソリン車とのいちばんの違いはどこですか?

松田:まずスタートダッシュですね。トルクの立ち上がりがエンジンとまったく違います。この感覚は新鮮ですし、ぜひみなさんにも分かってほしい点です。あと、エンジンブレーキの利き方ですかね。回生ブレーキになっているのですが、その設定でアクセルオフの減速ぐあいなど調整できます。

----:GT選手権の車とはやはり違いますよね。

松田:トップスピードなど確かに違いますが、トルク感があるので運転していて楽しい車です。ワンメークなど競技としての楽しみもあると思います。コーナーの立ち上がりなども今回のモデルは2ペダルで変速機がついていないので、女性や初心者にも運転しやすい車だと思います。パワステもついています。トップスピードについては、変速機を導入すればもっと上げることができますよ。

----:排気音がしないとさみしいという意見もありますが。

松田:たしかに、全開走行でも隣の人との会話ができるくらいです。違和感を感じる人もいるかもしれませんが、モーター音だけでもけっこう盛り上がりますよ。逆にエンジンの振動がないので、運転に集中できるというか、快適ですね。この振動の少なさは、足回りやパワートレインの設計にもよい影響を与えると思いますし、耐久性なども上がるのではないかと思います。

----:走行中に急にパワーダウンなどしないですか?

松田:バッテリーが消耗してくると、ワーニングがでるようになってますので、基本的にはいきなり電池切れということはないですね。今回の周回でもパワーやトルクが落ちるということはありません。

松田次生選手《撮影 中尾真二》 リーフ NISMO RC《撮影 中尾真二》 リーフ NISMO RC《撮影 中尾真二》 リーフ NISMO RC《撮影 中尾真二》 松田次生選手《撮影 中尾真二》 松田次生選手《撮影 中尾真二》 リーフ NISMO RC《撮影 中尾真二》 リーフ NISMO RC《撮影 中尾真二》 リーフ NISMO RC《撮影 中尾真二》 リーフ NISMO RC《撮影 中尾真二》 リーフ NISMO RC《撮影 中尾真二》 松田次生選手《撮影 中尾真二》 松田次生選手《撮影 中尾真二》 リーフ NISMO RC《撮影 中尾真二》 リーフ NISMO RC《撮影 中尾真二》 リーフ NISMO RC《撮影 中尾真二》 リーフ NISMO RC《撮影 中尾真二》