3日午前9時50分ごろ、東京都練馬区内の区道で、道路を横断していた84歳の女性に対し、進行してきた大型路線バスが衝突する事故が起きた。女性は翌4日未明に死亡。警察ではバスの運転手から自動車運転過失致死容疑で事情を聞いている。

警視庁・石神井署によると、現場は練馬区関町北2丁目付近で。西武鉄道新宿線・武蔵関駅南口のロータリー。84歳の女性は駅に向かうためにロータリーを横断していたところ、バス停で待機していた関東バスが運行する路線バスが前進。女性をはねたという。

女性は全身を強打。近くの病院へ収容されたが、骨盤骨折に伴う出血性ショックが原因で4日未明に死亡した。警察はバスを運転していた45歳の男性から自動車運転過失致死容疑で事情を聞いている。

調べに対し、運転手は「後方に別のバスが進入してきたため、駐車スペースを作るために前進した」と供述しており、警察では女性の漫然横断と、バス側の前方不注視が事故の原因とみている。