イメージ

2日午後4時10分ごろ、千葉県柏市内の国道16号を走行していたバイクが転倒、路上に投げ出された16歳の男性が後続車にはねられる事故が起きた。男性は収容先の病院で死亡。はねたクルマは複数台とみられるが、現場から逃走している。

千葉県警・柏署によると、現場は柏市若柴付近で片側2車線の直線区間。バイクは第1車線を走行していたが、何らかの原因で転倒。第2車線側に投げ出された運転者の男性は後続車にはねられたものとみられる。

男性は全身を強打。近くの病院へ収容されたが、約1時間後に死亡。後の調べで野田市内に在住する16歳の男性と判明している。

目撃者の証言によると、男性は後続の白っぽいトラックなど複数台にはねられたとみられるが、そのすべてが現場から逃走している。警察では通過車両の特定を急ぐとともに、男性のバイクが転倒した原因についても調べを含めている。