昨年8月、群馬県玉村町内の県道を走行していた大型トレーラーに積載されていたコンテナが爆発。民家や商店の建物が爆風で倒壊し、1人が負傷した事故について、群馬県警は2日までにコンテナ輸送を依頼した荷主の男を業務上過失傷害容疑で逮捕した。

群馬県警・捜査1課によると、問題の事故は2010年8月5日の午前1時30分ごろ発生している。玉村町上福島付近の県道を走行していた大型トレーラーに積載されていた大型コンテナが爆発。爆風が道路沿いに立つ民家や商店の建物を直撃し、道路から約30m離れた場所に住む70歳の男性が軽傷を負った。

コンテナはベトナムに向けて輸出されるもので、中には中古の給油計量器が12台積載されていた。しかし、内部のガソリンは完全に抜かれていなかったため、気化したガソリンがコンテナ内に充満。機器同士の接触で発した火花に引火したものとみられる。

運送依頼を受けた会社はコンテナ内の積荷を知っていたが、運転者は知らされていなかった。警察では荷主の責任が重いと判断。2日までに埼玉県寄居町内に在住し、ベトナム国籍を持つ49歳の男を逮捕している。

調べに対して男は「引火する可能性は把握していた」などと供述。容疑を大筋で認めているという。