EVレーシングカー「リーフ NISMO RC」《撮影 中尾真二》

EVのレーシングカーはどれくらい速いのか? 『リーフ NISMO RC』の国内でのデモ走行が千葉県の袖ヶ浦フォレスト・レースウェイにて行われた。

テストドライバーは、GT選手権をNISMOチームの『GT-R』で戦う松田次生選手だ。松田選手はリーフ NISMO RCの開発やシェイクダウンに携わっており、この車でのサーキット走行は3回目だそうだ。

EVといいながらNISMOがフルチューンしたリーフはカーボンモノコックで重量は1tを切る925kgだ。レースモードの全開走行はおよそ20分ほど可能となっている。モーターのトルク特性を活かして0-100km/h加速は6.85秒、筑波のラップタイムは1分07秒16。この袖ヶ浦のコースでのタイムは1分17秒80だそうだ(すべてNISMO計測)。ちなみに、単純な比較はできないが、同じコースでEVのレースが行われたときのテスラ『ロードスター』は1分21秒30というタイムがでている。

デモ走行は約30分ずつ午前1回と午後に2回が行われた。最初にウォーミングアップ走行を1周行い、すぐに各部のチェックをしたあと、タイムアタックに入った。13ラップしたところで、ピットインとなる。午前と午後の間に、バッテリー交換や整備が行われる。

気になるタイムだが、午前の走行のベストラップは1分17秒18と以前のタイムを上回ってきた。午後の1回目で1分16秒85とさらにタイムアップした。じつは、この車両は試作段階でもあり、いろいろなテストも行っているそうだ。午前中は新しいリアウイングの性能をテストしていたそうだ。午後はもともと設計したウイングに戻したとのことだ。

デモ走行を見ていた感想だが、とにかくスタート時の加速がガソリン車ではありえないダッシュを見せていた。トップスピードは、このコースで150km/hくらいだそうだが、ピットロードをでていく動きがビデオの早送りをしているような感じだった。

リーフ NISMO RC《撮影 中尾真二》 リーフ NISMO RC《撮影 中尾真二》 リーフ NISMO RC《撮影 中尾真二》 リーフ NISMO RC《撮影 中尾真二》 リーフ NISMO RC《撮影 中尾真二》 リーフ NISMO RC《撮影 中尾真二》 リーフ NISMO RC《撮影 中尾真二》 リーフ NISMO RC《撮影 中尾真二》 リーフ NISMO RC《撮影 中尾真二》