AVN-F10iに表示された「Carニュースリーダー」の画面。右下の「再生」を押すとタイトルのみが読み上げられる

2011年富士通テン イクリプスの新モデル『AVN-F01i』は、接続したiPhoneで取得した最新のニューストピックスを音声で読み上げるアプリ「Carニュースリーダー」に対応する機能を備える。

これはドライブしながらでも最新ニュースをチェックできるアプリ。ニュースソースは一般のYahoo!サイトで見られる『Yahoo!ニューストピックス』で、トピックスや経済、エンタメといったお馴染みのカテゴリーから好みのニュースを選択できる。

iPhone上でも見ることはできるが、AVN-F01iではこれを音声で読み上げる機能が加わる。音声は好みの応じて男性/女性で切り替えられ、読み上げ速度の設定も可能となっている。

ただ、読み上げてくれるのはあくまでタイトル部分だけ。これでビジネスなどでの話題作りに一役買うというコンセプトはちょっと無理がある。こうなる理由はニュース本文が読むための記事構成をそのまま反映しているためで、電子合成音で聞き取るには長すぎる、ということだ。また、ニュースソースが複数のメディアに及ぶため、著作権上の許諾を得るのに手間がかかることも要因の一つだという。

ニュースを取得している時の画面。通常は3Gでの接続なので、タイトル表示まではやや時間を要する 音声での読み上げを行うまでも処理するのに時間がかかる。このラグが少々気になるところ