スズキ・スイフト

全体相場は3日続落。雇用情勢の改善ピッチが減速したことから米国市場が先週来調整色を強め、市場心理が悪化した。東電株の急落も加わり、平均株価は前週末比111円安の9380円と下落。9400円台を3月18日以来2か月半ぶりに割り込んだ。自動車株は全面安。

トヨタ自動車が15円安の3215円と続落。日産自動車が6円安の767円、ホンダが10円安の3010円と続落した。

軒並み安の中、スズキが10円高の1719円と小反発。