メルセデスベンツCクラス新型《写真 椿山和雄》

日本自動車輸入組合が発表した5月の輸入車新規登録台数は、前年同月比31.0%増の1万9238台となり、19か月連続で前年を上回った。

このうち、外国メーカー車の販売台数は同8.1%増の1万4612台と好調だった。フォルクスワーゲンやメルセデスベンツ、アウディ、ボルボなどの販売が好調だった。

日本メーカーの海外生産車は前年同月の約4倍の4626台となった。

車種別では、乗用車が同31.7%増の1万8222台だった。貨物車が同18.4%増の1012台、バスが4台だった。

アウディA7《撮影 野口岳彦》 新型パサート発表会≪撮影 小松哲也≫