45th SHCCミーティングat大磯ロングビーチ開催《写真 内田俊一》

毎年春と秋に開催されているSHCCミーティングat大磯ロングビーチも5日で45回目となった。毎回、テーマ車種を設け、普段なかなか走らせる機会がないクルマなどにも、参加のチャンスを与えてきた。今回は東日本大震災支援チャリティを大きな柱として開催された。開催地は大磯ロングビーチ(神奈川県中郡)。

主催者である湘南ヒストリックカークラブ(通称SHCC)の副会長、村山東さんは開催するにあたり、参加者のエントリーフィーから2000円を義援金に充てることを決めた。また、通常参加賞としてTシャツを配布するが、それは購入してもらうこととした。「これらにより、30万円を義援金に充てることが出来た」。

義援金は「モータースポーツに理解のあるところへ」という思いから、福島県裏磐梯にあるリゾート施設、ラビスパ裏磐梯に直接届けられることとなった。村山さんは、毎年秋にあるクラシックカーイベントで利用しているが、今年は行くことが出来ない。またラビスパ裏磐梯の金子健一専務取締役は以前、大磯で開催されていたジムカーナや、実際のレースでもF3まで参戦経験があるという縁だ。

また、当日は金子さんも来場し、「風評被害などの影響で、観光施設は壊滅的な影響を被っている。裏磐梯の活気を取り戻すために10月に開催する予定のクラシックカー関係のイベントにこの義援金を使わせてもらう」と挨拶した。

そんな思いに賛同してか、今回のエントリー台数は108台を数え、これまで以上の盛り上がりを見せた。特に最近の傾向は日本車でジムカーナを楽しむエントラントが増えてきており、今回もホンダや日産車での参加が目立っていた。

湘南ヒストリックカークラブ(SHCC)副会長の村山東氏《写真 内田俊一》 ラビスパ裏磐梯専務取締役の金子健一氏《写真 内田俊一》 今回はホンダ車の参加が目立った45th SHCCミーティングat大磯ロングビーチ。《写真 内田俊一》 ホンダが初めて市販した四輪車がこのトラック、ホンダT360。完熟走行のため複数がコースに出ている。45th SHCCミーティングat大磯ロングビーチ。《写真 内田俊一》 コーナーを勢い良く立ち上がっていくホンダN360。45th SHCCミーティングat大磯ロングビーチ。《写真 内田俊一》 ホンダL700。S600のエンジンをベースとした商用車である。45th SHCCミーティングat大磯ロングビーチ。《写真 内田俊一》 きれいにパイロンをすり抜けるロータス・エランスプリント。45th SHCCミーティングat大磯ロングビーチ。《写真 内田俊一》 ジムカーナには似合わないメルセデスベンツ300SEクーペ。ドライバーは巨体を見事に操ってパイロンを縫っていった。45th SHCCミーティングat大磯ロングビーチ。《写真 内田俊一》 45th SHCCミーティングat大磯ロングビーチ。岐阜から参加したMG・B。今回はクラス2位を獲得。《写真 内田俊一》 Miniクラブマンエステート。ロングホイールベースにもかかわらず、小気味よくパイロンを抜けていた。45th SHCCミーティングat大磯ロングビーチ。《写真 内田俊一》 サイドブレーキターンを活用していたブルーバード。かすかにリヤタイヤからスモークがあがっている。45th SHCCミーティングat大磯ロングビーチ。《写真 内田俊一》