「へるへる坊主」で雨天時の安全を…首都高

首都高速道路は3日、6月6日より小山薫堂氏を発起人とする「東京スマートドライバープロジェクト」と連携し、雨天時の交通事故を防止するためのキャンペーン「レインスマートドライバー計画」を実施すると発表した。

梅雨の始まりを告げる“芒種”から梅雨の終わりを告げる“大暑”までの48日間(6月6日〜7月23日)を「雨天事故防止強化期間」としてキャンペーンを実施、また、6月26日には、オープンイベント「レインスマートドライバーズデイ」を横浜で開催する。

キャンペーンでは、パーキングエリアの店舗内において同計画のシンボルである「へるへる坊主」の掲出や、雨天時のドライブナレッジを提唱したパネルの設置のほか、首都高上の文字情報板からのメッセージ発信、ラジオ放送等により安全運転を呼びかける。

同社によると、首都高速道路上では雨天時の1時間当たりの事故発生件数が、晴天時の約6倍になる。雨天時の事故原因は「スピード」「車間距離」「視界不良」などによるものが多く、それらを意識して雨天時の事故を防止できれば、交通事故全体の削減に大きく寄与できるとしている。

「へるへる坊主」で雨天時の安全を…首都高