RMオークションはこのようにして開催されている。大画面に現在の価格。そして、中央にいる司会者が素晴らしいテンポで値段を釣り上げていく。《写真 内田俊一》

5月21日から22日にかけて開催されたコンコルソ・デレガンツァ・ヴィラ・デステ2011(イタリア)において、21日の夜、RMオークションが開催された。32台の出品車の中で大いに注目を集めたのは、イタリアのカロッツェリア、ベルトーネから放出された6台のコレクションであった。

21日夜、コンコルソ・デレガンツァ・ヴィラ・デステのクラシックカーやコンセプト&プロトタイプが展示してあるヴィラ・デステから“船”で10分ほどのところにあるヴィラ・エルバのオークション会場は、お目当てのクルマの落札を狙う参加者や観客たちでごった返した。

19時半過ぎにスタートしたオークションは、21時頃に最初のピークを迎えた。ベルトーネから放出された1台、ライチア『シビロ』がオークションにかかったのだ。次いで、ランボルギーニ『アトン』、ランボルギーニ『ブラーヴォ』など次々と落札され、ベルトーネコレクションから放出されたモデルは全て落札された。

なお、今回の最高落札モデルはフェラーリ『375MM』ベルリネッタの300万ユーロであった。

●ランチア・シビロ 8万5000ユーロ
●ランボルギーニ・アトン 31万ユーロ
●ランボルギーニ・ブラーヴォ 52万5000ユーロ
●シヴォレー・テスチュード 30万ユーロ
●ランボルギーニ・マルツァル 135万ユーロ
●ランチア・ストラトスゼロ 68万ユーロ
手数料は含まない。参考:50万ユーロが6000万円弱。

RMオークション。今まさにオークションにかかろうとするランチア・シビロ。《写真 内田俊一》 RMオークション。オークション前の展示スペースに置かれるランボルギーニ・アトン。《写真 内田俊一》 RMオークション。ランボルギーニ・ブラーヴォ。《写真 内田俊一》 RMオークション。シヴォレー・テスチュード。《写真 内田俊一》 RMオークション。ランボルギーニ・マルツァルは138万ユーロで落札。当時のモナコグランプリでレーニエ大公がグレース王妃を乗せてパレードしたのは有名な話。《写真 内田俊一》 ランチア・ストラトスゼロ。フロントの黒い部分に足をかけて室内に乗り込む。《写真 内田俊一》 今回RMオークションの最高落札車。フェラーリ375MMベルリネッタ。《写真 内田俊一》 RMオークション。最高落札が決まった瞬間。《写真 内田俊一》 RMオークション。残念ながら最低落札価格に達しなかったフォードGT40ワークス・プロトタイプ・ロードスター。《写真 内田俊一》 RMオークション。こちらも最低落札価格に達しなかったブガッティT57SCアトランタ・クーペ。210万ユーロまで上がったのだが……。《写真 内田俊一》 RMオークション。フロントマスクをトリコロールに塗り分けられたデラヘイ135MSクーペ。83万ユーロまで上がったが落札に至らず。《写真 内田俊一》