ヴィラ・デステ遠景《写真 内田俊一》

去る5月21日から22日にかけて、イタリアはミラノから北へ車で1時間ほどのところにあるコモ湖のほとりで、今年も「コンコルソ・デレガンツァ・ヴィラ・デステ 2011」が開催された。21日はヴィラ・デステでの非公開のコンクール、22日は場所をヴィラ・エルバに移し、一般公開となる。

コンコルソ・デレガンツァ・ヴィラ・デステは、アメリカの有名なゴルフコース、ペブルビーチの18番ホールで8月に開催される「ペブルビーチ・コンクール・デレガンス」と双璧を成すコンクール・デレガンスで、1929年に初めて当地で開催された。当初は最新のクルマと女性のモードのコンクールであったものが、徐々にクルマにシフト、そして現在ではクラシックカーの競演となったのである。

昨年までは4月下旬に開催されていたが今年は約1か月遅くなった。その理由として主催者は、上海などのモーターショーと重なることを防ぐためだという。他では見られないこのコンクールの特徴として、プロトタイプ&コンセプトカーのカテゴリーがあるからなのだ。事実、昨年の出展は5台であったものが、今年は、インフィニティ『エセレア』など9台が出品された。

今回も審査委員長は、現在フィアットグループのデザインのトップで、かつてピニンファリーナのデザイナーでもあったロレンツォ・ラマチョッティが務め、そして、オペルの元エグゼクティブチーフデザイナーであった児玉英雄さんら7人の審査員が1台1台丁寧に審査をした。

今年のベスト・オブ・ショーは、アルファロメオ『33ストラダーレ』(1968)が選ばれた。翌日のヴィラ・エルバでの一般来場者による人気投票でも同車が受賞。ヴィラ・デステの来場者(つまりは関係者やエントラントなど)が投票して選ぶコッパ・ドーロは同じくアルファロメオの『6C2500SS』(1942)に決定した。また、プロトタイプ&コンセプトカー部門での受賞はアストンマーチン『V12ザガート』であった。

コンコルソ・デレガンツァ・ヴィラ・デステ2011。今回のトップ・オブ・ショウ。アルファロメオ33ストラダーレ《写真 内田俊一》 コンコルソ・デレガンツァ・ヴィラ・デステ2011。コッパ・ドーロを受賞したアルファロメオ6C2500SSとオーナーのCorrad Lopresto氏《写真 内田俊一》 コンコルソ・デレガンツァ・ヴィラ・デステ2011。プロトタイプ&コンセプトカー部門で優勝したアストンマーチンV12ザガート《写真 内田俊一》 コンコルソ・デレガンツァ・ヴィラ・デステ2011。フランスのカロッセ、フィゴニ・エファラシのボディやこの微妙な色分けなどは、こういったコンクールでしかお目にかかれない。タルボ・ラーゴT23。《写真 内田俊一》 コンコルソ・デレガンツァ・ヴィラ・デステ2011。今回“小さなボディで大排気量”部門が新設された。その部門で優勝したシアタ400F《写真 内田俊一》 コンコルソ・デレガンツァ・ヴィラ・デステ2011。今年誕生50周年を迎えたジャガーEタイプ。このクルマそのものが1961年のジュネーブショーに展示された。《写真 内田俊一》 コンコルソ・デレガンツァ・ヴィラ・デステ2011。戦後のレーシングカー部門に出品されたアルファロメオ33/2(右)、アバルト1300OT(中)、フォードGT40 MkII(奥)《写真 内田俊一》 コンコルソ・デレガンツァ・ヴィラ・デステ2011。このコンクールのスポンサーでもあるBMWが328の75周年を記念して作成したプロトタイプ、BMW 328オマージュ。《写真 内田俊一》 コンコルソ・デレガンツァ・ヴィラ・デステ2011。フェラーリがアメリカのフェラーリコレクターのためにワンオフで作成したフェラーリ・スーパーアメリカ45《写真 内田俊一》 コンコルソ・デレガンツァ・ヴィラ・デステ2011。インフィニティも今年のジュネーブモーターショーでお披露目したエセレアを出品。インフィニティは毎年のようにコンセプトカーを出品している。《写真 内田俊一》 コンコルソ・デレガンツァ・ヴィラ・デステ2011