ジャパン・ヒストリックカー・ツアー11。横浜美術館に集まった新旧参加車《写真 内田俊一》

『ジャパン・ヒストリックカー・ツアー』が6月3日、横浜美術館(神奈川県横浜市西区)からスタートした。主催はジャパン・ヒストリックカー・ツアー2011実行委員会とネコ・パブリッシング。

今年で8回目を迎えたこのイベントは、これまで横浜の赤レンガ倉庫前がスタートであったが、今年は諸事情から横浜美術館がスタート場所となった。そこには、50台以上もの新旧のエントリー車が集合した。このイベントは「走る自動車博物館」というコンセプトのもとに開催されていることから、クラシックカーだけではなく、最新のモデル(今回はベントレー『コンチネンタルGT』など)も参加しており、美術館を訪れた観光客も新旧の珍しいクルマたちのスタートを楽しんでいた。

3日、横浜美術館をスタートしたクルマたちは一路山中湖を目指し、そこに1泊。4日はそこから白馬までのロングドライブを楽しむという。そして、最終日の5日は長野県の蓼科高原を出発し、スタート場所と同じ横浜美術館にお昼過ぎにゴールする予定だ。

今回このイベントを開催するにあたり、大会事務局長の笹本健次氏はプログラム誌上で震災の影響を鑑み中止の検討もしたと語っている。しかし「このイベントが少しでも被災された皆様のために、そして日本の元気に繋がればと思い、震災復興イベントとして実施」したのだという。収益の一部を義援金に充てるなどで少しでも役に立てればとのことだ。

ジャパン・ヒストリックカー・ツアー11。珍しい2台。デトマソ・ヴァレルンガ(向かって左)とマトラ・ボネ・ジェット《写真 内田俊一》 ジャパン・ヒストリックカー・ツアー11。1号車が“がんばろう!日本”のプレートとともにスタート。クルマはベントレー3.0《写真 内田俊一》 ジャパン・ヒストリックカー・ツアー11。タレントの堺正章さんも愛車フィアット8Vとともにスタート《写真 内田俊一》 ジャパン・ヒストリックカー・ツアー11。非常に珍しいチシタリア204A《写真 内田俊一》 ジャパン・ヒストリックカー・ツアー11。九州から参加したポルシェ356プリAロードスター《写真 内田俊一》 ジャパン・ヒストリックカー・ツアー11。トヨタ2000GTも元気にスタート《写真 内田俊一》 ジャパン・ヒストリックカー・ツアー11。フェアレディZ 432《写真 内田俊一》 ジャパン・ヒストリックカー・ツアー11。ポルシェ914《写真 内田俊一》 ジャパン・ヒストリックカー・ツアー11。とても珍しいフェラーリ。365GTC4。ヴォラーニのワイヤーホイールがとても似合っている。《写真 内田俊一》 ジャパン・ヒストリックカー・ツアー11。フェラーリ512BBi。黒のボディは珍しいのでは。《写真 内田俊一》 ジャパン・ヒストリックカー・ツアー11。最新のベントレー・コンチネンタルGT《写真 内田俊一》