フォード エクスプローラー《撮影 宮崎壮人》

フォードジャパンが5月24日に発表した新型『エクスプローラー』。ダウンサイジングしながら出力を向上させた、新開発の3.5リットルV6エンジンの搭載も注目のポイントだが、早ければ年末にはさらなる小型エンジン、2.0リットルエコブーストも導入されることが明らかになった。

当初導入される3.5リットルV6エンジンは、従来の4.6リットルV8エンジンに替わるダウンサイジングエンジン。排気量を縮小したことで燃費性能を20%向上しながらも、出力はV8相当の294psを発揮する。これに対し、従来の4.0リットルV6エンジンに相当するのが、新開発の直噴2.0リットル直4ターボ「エコブースト」だ。

2.0リットルエコブーストの最高出力は237ps(米国仕様)と必要十分。最大トルクは34.6kgm(同)で1700回転からその威力を発揮し、本格SUVならではの力強い走りを実現するという。また、新開発の直噴システムや6速ATとの組み合わせにより、従来のV6比で30%以上の燃費改善を果たした。

3.5リットルV6エンジンを搭載する「リミテッド」と「XLT」は、9月より納車を開始、2.0リットルエコブーストは早ければ年内、遅くとも2012年初頭に導入される。2.0リットルエコブーストの日本仕様の詳細はまだ明らかにされていないが、価格は従来のV6モデルとほぼ同じだが若干上昇すると見られる。

2日には、フォード初の3気筒エンジン、1.0リットルエコブーストも発表されたばかり。フォードは、小排気量+ターボのエコブーストエンジンを次世代パワートレインの主力としてラインナップを拡充、グローバルに展開していく。

フォード エクスプローラー《撮影 宮崎壮人》 フォード エクスプローラー《撮影 宮崎壮人》 フォード エクスプローラー《撮影 宮崎壮人》 フォード エクスプローラー《撮影 宮崎壮人》 フォード エクスプローラー《撮影 宮崎壮人》