三菱RVR《撮影 池田忍》

全体相場は続落。米国景気の減速に対する警戒感から、輸出関連株を中心に売りが先行。幅広い銘柄が売られ、平均株価は前日比62円安の9492円と続落。5月25日以来、7営業日ぶりに9500円台を割り込んだ。自動車株は全面安。

トヨタ自動車が40円安の3230円と続落。日産自動車が8円安の773円、ホンダが25円安の3020円と続落した。

三菱自動車が94円で変わらず。