VW ゴルフカブリオレ にR

フォルクスワーゲンは2日、オーストリアで開幕したファン感謝イベント、「Wortherseeツアー」において、『ゴルフRカブリオレコンセプト』を初公開した。

同車は、2011年3月のジュネーブモーターショーで久々の復活を果たした『ゴルフカブリオレ』をベースに、ゴルフシリーズの最強グレード、『ゴルフR』のエンジンを載せたコンセプトカーだ。

2.0リットル直列4気筒ガソリンターボ「TSI」は、最大出力270ps、最大トルク35.7kgmを発生。フルタイム4WDと組み合わせられ、0-100km/h加速は6秒以下、最高速は250km/hの実力だ。フォルクスワーゲンは、「過去最速のゴルフカブリオレ」と胸を張る。

もちろん、ハッチバックモデルのゴルフR同様に、足回りは強化。車高が25mm低められたスポーツシャシー、19インチのアルミホイール、235サイズのタイヤ、17インチの大容量ブレーキなどが採用された。

外装はゴルフRに準じており、専用エアロパーツやセンター出しのマフラーなどが特徴。インテリアはコンセプトカーらしく、グレーのナッパレザーとダークブルーのレザーを使ったバケットシート、ピアノブラックトリムなどが奢られる。

フォルクスワーゲンは現時点で、ゴルフRカブリオレコンセプトの市販計画を公表していない。「ゴルフの無限の可能性を示す1台」というのが同社の説明だ。

VW ゴルフカブリオレ にR VW ゴルフカブリオレ にR VW ゴルフカブリオレ にR