アウディ A7スポーツバック《撮影 宮崎壮人》

アウディジャパンが5月17日に発表した『A7スポーツバック』。ラグジュアリーカーの定番といえばセダンだが、アウディはA7スポーツバックで全く新しいジャンルのラグジュアリーカーを提案し、新規顧客の開拓をめざす。

A7スポーツバック最大の特徴はエクステリアだ。『A6』をベースに、独立したトランクルームを廃止、クーペのようなスタイリングとし、大開口のリアゲートを採用した。これにより「ラグジュアリーセダン、ツーリングワゴン、クーペの良いところ取りの欲張りなクルマ」(アウディジャパン広報)に仕上げた。

このコンセプトは、昨年1月に発表された『A5スポーツバック』にも採用されている。A5スポーツバックは発売から1年で、同社の予想を大きく上回る1500台を販売した。「需要は間違いなくある」として、A7スポーツバックの販売にも期待をこめる。

商品企画を担当した天野一登氏は、「A5スポーツバックを発売した際、メルセデスベンツの『CLS』と比較検討するお客様が多かった。しかしA5はクラスではひとつ下。ボディサイズの差でCLSに流れてしまった傾向がある。A7スポーツバックでは、そうした新規層も取込んでいけるのではないか」とした上で、「デザインでこれ以上のクルマはなかなかない。デザインだけでも積極的に選んでいただけるクルマ」と自信をのぞかせた。

アウディ A7スポーツバック《撮影 宮崎壮人》 アウディ A7スポーツバック《撮影 宮崎壮人》 アウディ A7スポーツバック《撮影 宮崎壮人》 アウディ A7スポーツバック《撮影 宮崎壮人》 アウディ A7スポーツバック《撮影 宮崎壮人》