GMシボレー・クルーズ

GMは1日、5月の米国における新車販売の結果を明らかにした。総販売台数は22万1192台。前年同月比は1.2%減と、9か月ぶりに前年実績を下回った。

「シボレー」「キャデラック」「GMC」「ビュイック」の4ブランド別では、シボレーが16万1401台を販売し、前年同月比は3.5%減。GMCは8.1%増の3万2589台、ビュイックは23.8%増の1万5579台、キャデラックは5.7%減の1万1623台という結果だ。

シボレーブランドの乗用車系では、主力ミドルセダンの『マリブ』がモデル末期にもかかわらず、前年同月比27.7%増の2万5600台と、2か月連続で増加。しかし、大型セダンの『インパラ』は、12.2%減の1万6707台と落ち込む。

10年9月に米国市場へ投入された小型4ドアセダン、『クルーズ』は、ガソリン価格上昇を受け、4月の2万5160台に次ぐ2万2711台を販売。6か月連続で1万台を突破した。新型『ボルト』は、481台を登録する。

シボレーブランドのライトトラック系(ピックアップトラック/SUV/ミニバン)では、主力の大型ピックアップトラック、『シルバラード』が前年同月比15.7%減の2万8409台と後退。一方、中型クロスオーバーの『エクイノックス』は、33.9%増の1万7587台と売れている。

GMCブランドでは、主力の大型トラック、『シエラ』が前年同月比4.9%減の1万0753台と後退。クロスオーバー系では、『テレーン』が42.4%増の7310台、『アカディア』が18.9%増の6926台と、引き続き人気が高い。

キャデラックブランドでは、『SRX』が前年同月比4.2%減の3910台とマイナスに転じた。『CTS』は22.9%増の4288台と好調。ビュイックブランドでは、『ラクロス』が12.4%減の4774台と2か月ぶりのマイナス。『エンクレイブ』も8.3%減の4323台にとどまる。新型『リーガル』は4247台と支持された。

GMの今年1‐5月米国新車販売は、前年同期比18.2%増の104万6275台。同社のドン・ジョンソン副社長は、「顧客の燃費志向は鮮明。我々は米国市場の変化に対応できるモデルを投入していく」と語っている。

GMシボレー・ボルト GMシボレー・エクィノックス GMCテレイン キャデラックSRX