ボルボ フライホイールKERS イメージ

ボルボカーズは5月26日、フライホイールを使ったKERSシステム、「フライホイールKERS」を開発し、実用化に向けたテストを行うと発表した。

KERSは、キネティック・エナジー・リカバリー・システムの略。ブレーキ時のエネルギーを回収し、そのエネルギーを電力に変え、加速の際、エンジンをアシストするパワーとして利用するシステムだ。すでにF1マシンに採用実績がある。

ボルボのKERSは、フライホイールKERSと命名。リアアクスルに置かれたフライホイールが、減速時に最大で毎分6万rpmという高速で回転し、エネルギーを回収。車が再発進する際、このエネルギーが専用開発したCVTを通じて後輪へ送られ、加速をアシストするという。

同社は年内に、フライホイールKERSを搭載したテストカーによる公道試験を開始し、早期実用化を目指す計画。ボルボカーズのデレック・クラブ副社長は、「4気筒エンジンで6気筒エンジン並みの加速性能を実現すると同時に、燃費は最大で20%改善できる」と自信を見せている。

ボルボ フライホイールKERS イメージ ボルボ フライホイールKERS イメージ