日産自動車は6月1日、自動車リサイクル法に基づく2010年度(2010年4月〜11年3月)に実施したASR(自動車シュレッダーダスト)、エアバッグ類、フロン類の特定3物品の再資源化の実績を公表した。

同社は2010年度にASRを61万7565台、重量ベースで12万9756.4tを引き取り、10万8574.5tを再資源化した。ASR再資源化率は83.7%となり、2015年度の法定基準である70%を達成した。リサイクル実効率97.0%に相当する。

エアバッグ類は44万7352台から127万5028個を引き取り、回収処理または車上作動により再資源化した。エアバッグ類再資源化率は94.3%となり、法定基準85%を上回った。

フロン類は16万6316.3kgを引き取り、適正に処理したとしている。

特定3物品の再資源化などに要した費用総額は59億7066万9329円で、リサイクル料金を収受し、リサイクル等の実施時まで管理運用を担う資金管理法人から払い渡しを受けた預託金総額は65億5831万7537円となり、全体収支では5億8764万8208円の黒字となった。これにより2004年度からの累計収支は9億9981万6081円の黒字となった。これは1台あたり265円に相当する。