富士重工業(スバル)は6月1日、自動車リサイクル法に基づく2010年度(2010年4月〜11年3月)の再資源化などの実績を公表した。

2010年度は、シュレッダーダスト(ASR)が20万7171台から重量ベースで3万1835.9tを回収した。このうち、2万6746.2tを再資源化した。ASR再資源化率は84.0%となり、2015年度法定基準である70%を達成した。

エアバッグ類は8万9251台を引取り、1万8031.5kgをリサイクル施設に投入、1万6959.4kgを再資源化した。再資源化率は94.1%となり、法定基準の85%を達成した。

フロン類は15万9205台から4万6887.5kgを引取り、適正に処理したとしている。

再資源化に要した費用は総額14億8821万0327円、資金管理法人から払渡しを受けた預託金は総額17億5016万8010円で、全体収支は2億6195万7683円の黒字となった。