マツダは、自動車リサイクル法に基づく使用済み自動車のシュレッダーダスト(ASR)エアバッグ類、フロン類の3品目の2010年度(2010年4月1日〜11年3月31日)の再資源化などの実績を公表した。

2010年度はASR引取りが台数は19万1000台、重量ベースで3万5000tだった。このうち、2万9000tを再資源化した。ASRの再資源化率は82.1%で、2015年度法定基準70%を大幅に前倒しで達成した。

また、同社の環境中期計画マツダグリーンプラン2010に掲げている2010年度目標80%も達成した。車両のリサイクル実効率で約97%に相当する。

エアバッグ類は、11万3000台から27万5000個を引き取り、回収処理または車上作動で再資源化した。エアバッグ類の再資源化率は94.0%と、法定基準85%を上回った。フロン類については適正に処理した。

特定3品目の再資源化などに要した費用の総額は16億29万円で、資金管理法人から払い渡しを受けた預託金の総額は17億2804万円だった。このため、全体収支は1億2775万円の黒字となった。自動車リサイクル法施工後2004年度からの累積収支は4500万円の赤字。