不正ガラスフィルム参考画像

国土交通省は、「不正改造車を排除する運動」を実施すると発表した。

同運動では、不正改造についての認知度を高めることで、車両の安全確保・環境保全の向上を図る。ユーザーにとって安全・安心な自動車社会の実現に寄与する。

実施機関は国交省及び自動車関連団体で構成する「不正改造防止推進協議会」が連携して取り組み、内閣府、警察庁、農林水産省、経済産業省、環境省が後援となっている。

取り組みは年間を通じて行われるが、2011年6月1日〜30日までの1か月間を強化月間とする。

重点取り締まり項目として、窓ガラスへの着色フィルムの貼付、前面ガラスへの不正装飾、タイヤ・ホイールの車体外へのはみ出し、マフラーの切断・取外しや基準不適合マフラーの装着などをあげており、このほか複数項目が重点取り締まり項目に定められている。

また、同運動では一般ユーザーからの情報収集を行う。街頭・構内検査を実施するほか、迷惑改造車相談窓口の設置、アンケート調査なども行う。

ガラスフィルム参考画像 最高速度抑制装置搭載参考画像 トラック参考画像 基準外ウイング参考画像 フェンダー参考画像 黒煙参考画像 前面ガラス参考画像 前面ガラス参考画像 灯火類参考画像 灯火類参考画像 単車消音機参考画像