5月にいわき工場を訪れた日産ゴーンCEO

経済産業省が5月31日に発表した4月の鉱工業生産動向(速報)によると、乗用車など輸送機械工業の指数(季節調整済み、2005年=100)は前月にくらべ1.5%の減少となり3月より悪化した。5月、6月は上昇を見込んでいる。

東日本大震災による部品不足により、普通・小型乗用車など輸送機械工業の4月の指数は52.1となり、3月に比べ1.5%低下した。前年同月との比較では48.8%の大幅減だった。製造工業全体の指数は83.5と前月比で1%増となったが、生産停止が4月中旬まで続いた輸送機械工業のほか、電子部品・デバイス工業、情報通信機械工業などが低下した。

一方、5月の見込みと6月の予測をまとめた製造工業予測調査によると、輸送機械工業の生産は5月は前月に比べ35.7%増、6月は同36.7%増と回復する見通しだ。前月調査の段階では5月は前月比4.1%増という予測だったが、部品が復旧し回復スピードが予想より早まる見通しだ。

日産追浜工場資料画像 トヨタ元町工場資料画像 3月にセントラル自動車宮城工場を視察に訪れたトヨタの豊田章男社長 ホンダ鈴鹿製作所参考画像 マツダ本社宇品工場資料画像 経産省資料画像