日産追浜工場資料画像

全体相場は3日ぶりに反発。日本国債格付け引き下げ見通しから円相場が対ドル、対ユーロで下落。輸出関連株を中心に主力銘柄が全面高となった。平均株価は前日比188円高の9693円と反発。円相場が1ドル=81円台に下落し、自動車株は全面高となった。

トヨタ自動車が70円高の3400円、ホンダが60円高の3090円と反発。日産自動車も20円高の814円と反発し、800円台を回復した。