日産 追浜埠頭資料画像

日本自動車工業会が発表した4月の自動車輸出実績によると、四輪車の輸出台数は前年同月比67.8%減の12万6061台となり、2か月連続で大幅マイナスとなった。マイナス幅は過去最大となった。

東日本大震災の影響で自動車生産台数が大幅に減少したことから輸出も低迷した。

車種別では、乗用車が同67.3%減の11万3291台だった。トラックは同68.2%減の1万0917台となった。バスは同83.2%減の1853台だった。

地域別では全地域で大幅マイナスとなった。北米向けは同69.7%減の4万0181台、欧州向けが同57.6%減の3万4127台だった。アジアは同60.9%減の1万8203台だった。

輸出金額は、車両分が26億9640万ドル、部品分が32億1704万ドルの総額59億1344万ドル(約4823億円)となり、前年同月と比べて48.3%減とした。

日産 追浜埠頭資料画像 船積み(広島)資料画像