完成した冷延鋼板製造設備

JFEスチールは、中国で自動車や家電向け高級鋼の供給体制を強化するため、広州鋼鉄企業集団との合弁会社広州JFE鋼板(GJSS)の設備増強工事が完成、主要設備である冷延鋼板製造設備を稼動した。これにより、冷間圧延から溶融亜鉛鍍金までの一貫生産体制が整う。

今回の増強工事では、年産180万tの生産能力を持つ冷延鋼板製造設備を設置するとともに、年産100万tの連続焼鈍設備、年産40万tの溶融亜鉛鍍金鋼板製造設備の第2ラインを新設した。

冷延鋼板製造設備は、試運転を経て7月から本格生産に入る。6月には連続焼鈍設備が稼動予定で、8月からの生産開始後は、自動車や家電向けを中心に冷延鋼板の出荷を本格化させる。

このほか、年内を目処に溶融亜鉛鍍金鋼板設備の第2ラインが完工する予定で、稼動中の第1ラインと合わせた年産加工能力は80万tに増加する。

中国では経済発展に伴って自動車、家電の需要、生産量拡大が見込まれており、GJSSとJFEスチール、広州鋼鉄企業集団は連携して、冷延鋼板や溶融亜鉛鍍金鋼板を安定供給するための体制を整備する。