蓄電池型太陽光発電システムの設置例

東芝は、三洋ホームズに対して年間300棟分の蓄電池付太陽光発電システムを販売すると発表した。今後、新築住宅メーカー向けに同システムの販売を開始し、今年度は年間1000棟分の販売を目指す。

住宅メーカー向けに販売を開始するシステムは、三洋ホームズと新築戸建住宅への搭載について技術面で協議してきた。世界最高水準のセル変換効率21.5%の住宅用太陽光システムと鉛蓄電池を組合せ、太陽光で発電した電力を蓄電池に充電し、電力不足や災害などの停電時でも生活に必要な電力を確保できる。

家庭電器700W相当を約3時間動かすことが可能な2.1kWhの鉛蓄電池を標準搭載し、増設バッテリーを使うことで、容量の拡張も可能。蓄電池への充電方式は、通常時は商用電源から充電し、停電時には太陽光発電システムの自立運転モードで発電した電力でも充電が可能。これにより、電力会社からの電気が停電となった際、生活に必要な電化製品を蓄電池で動かすことが可能となる。

国内の住宅用太陽光発電システムは、環境意識の高まりや国・地方自治体による補助金制度、電力会社による余剰電力買取制度などにより普及が進んでおり、今後も市場の拡大が見込まれている。さらに、東日本大震災以降の電力不足による省エネ意識の浸透で、太陽光発電システムにより発電した電力を蓄電し、停電時に使用するなどのニーズが高まっている。

東芝は、蓄電池付太陽光発電システムを提供することで、電力のピークシフト対応などエネルギーの新しい活用を提案する。

一方、東芝は、東日本大震災の被災者の仮設・復興住宅向けに太陽光発電システム100世帯分を無償提供する予定だが、今回のシステムをベースにしたシステムを行政と調整しながら宮城県、福島県、岩手県の避難所などに設置していく予定。