【スーパー耐久 第1戦】アウディ R8 LMS が総合優勝

29日、宮城県のスポーツランドSUGOで開催されたスーパー耐久シリーズ第1戦は、アウディ『R8 LMS』で参戦した藤井/都筑/キム組が総合優勝。R8のHitotsuyama Racingチームはスーパー耐久デビュー戦で初優勝を果たした。

2011年のスーパー耐久シリーズでは、国際的なレース交流を図るため、FIA GT3レギュレーションに準拠したFIA公認車両が参加できる新たなST-Xクラスを新設。Hitotsuyama Racingは、同クラスにアウディ『R8 LMS』を投入、ドライバーに藤井誠暢選手、都筑晶裕選手、マイケル・キム選手を起用して参戦した。

R8はポールポジションで決勝レースをスタート。スタートドライバー担当した藤井のダッシュで後続車両を引き離すことに成功、途中、濃霧の発生により、2度のセーフティカーがコースに入る展開になったが、藤井の後を受けたキム、都筑、はミスなく周回を続けた。

レースは残り20分の段階で天候の回復が見込めないことから赤旗が出されレース終了、R8 LMSの総合優勝が決定した。

【スーパー耐久 第1戦】アウディ R8 LMS が総合優勝 【スーパー耐久 第1戦】アウディ R8 LMS が総合優勝 【スーパー耐久 第1戦】アウディ R8 LMS が総合優勝 【スーパー耐久 第1戦】アウディ R8 LMS が総合優勝 【スーパー耐久 第1戦】アウディ R8 LMS が総合優勝