メルセデスベンツ SLS AMG ロードスター

ダイムラーは29日、メルセデスベンツ『SLS AMG ロードスター』の概要を明らかにした。

同車は、クーペボディの『SLS AMG』をオープン化したモデル。SLS AMGの最大の特徴だったガルウィングドアは装備されないが、爽快なオープンエアクルーズを実現する。

注目のルーフは、流行のメタルトップではなく、軽量なソフトトップを採用。操作は電動で行われ、11秒で開閉できる。また走行中でも、50km/h以下なら開閉可能だ。トランクは、クーペとほぼ同容量の173リットル(VDA計測法)を確保している。

オープン化に当たり、ボディの補強にも取り組む。ダッシュボードやシート後部にはクロスメンバーが追加され、サイドシルも強化された。ダイムラーによると、クーペと同等のボディ剛性を保ちながら、クーペに対する重量増は40kgに抑えられるという。

エンジンはクーペと共通で、AMGが設計した6208ccのV型8気筒ガソリンユニット。最大出力571ps、最大トルク66.3kgmを引き出す。0‐100km/h加速は3.8秒、最高速は317km/h(リミッター作動)と、パフォーマンスはクーペと同じだ。

SLSAMGロードスターは、9月にドイツで開催されるフランクフルトモーターショーで正式発表。ドイツでは6月からオーダーを受け付け、現地価格は19万5160ユーロ(約2255万円)からと公表されている。

メルセデスベンツ SLS AMG ロードスター メルセデスベンツ SLS AMG ロードスター メルセデスベンツ SLS AMG ロードスター メルセデスベンツ SLS AMG ロードスター メルセデスベンツ SLS AMG ロードスター メルセデスベンツ SLS AMG ロードスター メルセデスベンツ SLS AMG ロードスター メルセデスベンツ SLS AMG ロードスター メルセデスベンツ SLS AMG ロードスター